About

水と景色、私たちが描くカタチとは

仏語で水を表す EAU と、景色を表す VUE で
「EAUVUE(オーヴュー)」

水がどんな姿・形にもぴったりと寄り添うように、
その人その人が想い描く、
言葉や形にできない心地よさに
そっと寄り添うものづくりを……

そんな想いから生まれた EAUVUE は、
人に最も近く、暮らしに欠かせない眼鏡のように、
眼鏡に纏わるプロダクトを通して
日常をより心地よく、愛しいものにするためのブランド。

限られた空間の中で、
あえて余白を残して美しさを際立たせる見せ方や、
四季の彩りを光から捉える感覚……など、
古来より、日本人が大切に育んできた
「襲の色目」をブランドテーマに、 私たちが感じる繊細な機微を捉え、
日々の暮らしへ自然と溶け込んでいくものづくりを体現します。

襲の色目 ( かさねのいろめ )

平安時代から続く、十二単などにおける、表裏に重ねる色の組み合わせ。
重なる色のグラデーションにより、四季折々の自然を映し出している。
この重ねの思想は、「室礼 ( しつらえ )」といわれる
主人が来客をもてなす際の調度品の選定や
配置の仕方、食器選びなどでも尊ばれ、活用されている。
Philosophy

EAUVUEへの想い

私たちは、お客様ひとりひとりに合うスタイル提案を眼鏡を通して約50年行ってきました。

その月日の中で眼鏡のデザインや質、レンズ機能は向上し、眼鏡自体は多様化しましたが、
ケースやケアグッズ、スタンドなどの眼鏡に纏わるプロダクトは、
質やデザイン性のあるものを、数多の中から選べる……
という状況には、まだ達していません。

例えば、使っている眼鏡ケースなどのプロダクトが、
こだわりを持って選び抜いた眼鏡と同じくらい愛着を持てるものだと、
言い切れる人はまだまだ少ないのではないでしょうか。
好きな服や家具を選ぶように、眼鏡まわりのプロダクトも
自分のこだわりやライフスタイルにぴったりと寄り添うような
上質で洗練されたものを選べる環境を整えたい……。
長年、様々な眼鏡を提案してきた中で、そう強く想うようになりました。

眼鏡のある日常に目を向け、美しい設えで、装いや空間が整うデザインを追求していくことで、
ひとりひとりが抱く、眼鏡を通した理想のパーソナルスタイルにそっと寄り添うブランドとして、
「EAUVUE(オーヴュー)」は始まりました。

今後、ブランドを通して繋がるお客様やストアスタッフの声をひとつひとつ丁寧に紐解きながら、
専門性にも特化したプロダクトを生み出してまいります。

医療器具でもある眼鏡が、今ではその人自身を表すスタイルのひとつとして定着したように、
付加価値の少なかった眼鏡に纏わるプロダクトを、
日々を美しく設るためのマストプロダクトへと昇華させていけるように。

Collection

PRISM」と「SAVOIR FAIRE」について

「EAUVUE」は
趣の異なる「PRISM」と「SAVOIR FAIRE」、
2つのコレクションで構成。
愛着のある眼鏡を、その人が思い描く理想の形で
しっかりと受け止めるプロダクトを表現し続けます。

PRISM

移ろう日々は光を通し、装いを捉える—

さまざまな角度から色彩を捉え、
「襲の色目」にフォーカスしたコレクション。
装いのひとつである眼鏡まわりに欠かせない、
デイリーに使える身近なアイテムを取り揃えることで、
日常が心地よくなる瞬間を提案します。

Glass case, Glass care, Glass cord ……

SAVOIR FAIRE

素材を熟知した手を通し、空間を設える—

眼鏡とともにそっと佇み、空間を整えていく
「室礼(しつらえ)」にフォーカスしたコレクション。
皮や木、ガラス・金属・陶磁器など、その分野に秀でる
熟練した技術を持つ作り手の想いを反映した、
パーソナルな逸品を追求します。

Glass stand, Glass tray, Collection box ……

SAVOIR FAIRE

素材を熟知した手を通し、
空間を設える—

眼鏡とともにそっと佇み、空間を整えていく
「室礼(しつらえ)」にフォーカスしたコレクション。
皮や木、ガラス・金属・陶磁器など、その分野に秀でる
熟練した技術を持つ作り手の想いを反映した、
パーソナルな逸品を追求します。

Glass stand, Glass tray, Collection box ……

Contact

アール・シー・ピー株式会社

お問い合わせ先

info@eauvue.com

Tel 0463-93-3133(平日10時 - 17時)

Copyright © 2022 EAUVUE All rights reserved.